国内オフショアでWeb制作・運用、システム開発|東京・佐賀・福島
Enterprise Web Management

ホーム  > インフォメーション  > 2009年  > 有田町地域活性化サイト オープン

有田町地域活性化サイト オープン

hatena

2009年 1月30日

株式会社EWMファクトリー

2009年1月30日、有田町地域活性化サイト”ありたさんぽ”がスタートしました。
当ウェブサイトは佐賀県有田町が取り組んでいる「元気再生事業」の一環として情報発信を行い、有田町活性化の象徴として、有田の文化、歴史、自然、人々の魅力を日本国内及び国外に伝えていきます。
EWMファクトリーは、サイトの企画・構築・運用を受託するとともに、協賛企業として、サーバー環境及びコンテンツ管理システムを提供しています。

概要

佐賀県有田町(有田町地域活性化協議会 主催)が2008年8月に「地方の元気再生事業 「食」と「器」の地域づくり」を採択されました。この事業の一環として、地域の課題である農畜産業と窯業の低迷・担い手不足・商店街の空洞化を解決すべく、様々な「有田」の資源をブランド化し、日本、世界に発信していくトータルブランディングサイトを構築しました。

目的

下記の3点を主目的としています。

  • 「食と器」のテーマに基づき、有田産農畜産物(食)と有田焼の歴史・文化・芸術性(器)に焦点を当てるだけでなく、有田町の観光、地域と人々を魅力的に紹介し、国内・海外に対して、新「有田ブランド」の確立と認知度アップをはかり、リアルでの集客・販売に貢献する
  • 地域としての取組みとその中で活躍する人々にフォーカスし、全体戦略にもとづく地域活性化のアクティビティを町全体に広げていくことも目的とする
  • 有田と、有田が持つ資源の魅力を、改めて「ブランド」として確立させ、有田の魅力を再認知してもらうための情報発信基地とする