国内オフショアでWeb制作・運用、システム開発|東京・佐賀・福島
Enterprise Web Management

ホーム  > インフォメーション  > 2009年  > ドーガン・インベストメンツからの資金調達について

ドーガン・インベストメンツからの資金調達について

hatena

2009年 9月10日

株式会社EWMファクトリー

EWMジャパン及びEWMファクトリーは、株式会社ドーガン・インベストメンツ(本社:福岡県 代表取締役 森大介、以下ドーガン)が運営を行い、株式会社西日本シティ銀行、株式会社九電工、独立行政法人中小基盤整備機構(中小機構)「50音順」が出資をしております「チャレンジ九州・中小企業がんばれ投資事業有限責任組合」(略称:チャレンジ九州・中小企業がんばれファンド)より、2社合計で25百万円の投資を受けました。

当ファンドは、中小機構の「がんばれ!中小企業ファンド」出資事業に則り、中小機構及び西日本シティ銀行、九電工が出資する社会性の高いファンド事業です。当ファンドの設立趣旨の一つである「地域経済の活性化」に、EWMジャパン及びEWMファクトリーがすすめるITを活用した地域活性化事業が合致し、今回の合意となりました。

当資金調達により、財務面の強化のみならず、ドーガンからのハンズオン支援及び九州地区でのビジネスマッチング等により、EWMが推進する地域クラウド事業の拡大が見込まれます。

「チャレンジ九州・中小企業がんばれ投資事業有限責任組合」概要

ファンド総額

10億円程度

ファンド設立形態

投資事業有限責任組合

出資者

  • 中小企業基盤整備機構
  • 西日本チャレンジ投資事業有限責任組合2号
  • 株式会社九電工
  • 西日本シティ銀行
  • 株式会社NCB経営情報サービス

投資対象

主な拠点が九州県内(九州各県・山口県・沖縄県)にあり、優れたアイデアや技術・ノウハウ・ビジョンをもって新商品の開発、新事業展開にチャレンジする中小企業(業種・業歴不問)