国内オフショアでWeb制作・運用、システム開発|東京・佐賀・福島
Enterprise Web Management

ホーム  > インフォメーション  > 2015年  > CloudCampボルダリングウォール完成

CloudCampボルダリングウォール完成

hatena

2015年 5月28日

CloudCampに、「ボルダリング&クライミングウォール」が完成いたしました。
有限会社ホッチホールドアンドボード様」立会いのもと、安全講習会を行いました。
また、レクチャー&ナビゲーター役として、デモンストレーションで壁を登っていただいたのは、南会津郡下郷町在住の山岳競技の元国体福島県代表選手のEMIさんです。
(2007年福島県総合体育大会「クライミング」成年女子の部優勝)

クライミングは、命綱のロープを使用して、二人一組で登っていくスポーツです。登っていく人を「クライマー」、登る際にビレイ(安全確保)する人のことを「ビレイヤー」と呼びます。
クライマーの命を下で預かるビレイヤーは責任重大なのです。
CloudCampでは、初心者でも、安心してより安全にクライミングが楽しめるように、安全確保用のザイル(綱)を、あらかじめ最上部に設置してある終了点(カラビナ)に通し、地面までザイル(綱)の端を垂らした状態で、クライマーとビレイヤーがザイルを腰に結び付けて登る「トップロープ方式」でのクライミングです。

ボルダリングは、「ボルダー(岩、大きな石ころ)」を登ることが、名前の由来です。
高さ3mほどの壁を安全確保のためのザイル(綱)を使用せず、あらかじめ、壁に設定されたルート(色分けされたボルダー)を手と足のみで登っていきます。
一見、腕力が強い方が有利に思われがちですが、腕力よりもバランス感覚の方が大切です。カラダの軸を支える内側の筋肉(インナーマッスル)や体幹が鍛えられるため、より引き締まったボディースタイルに近づけることから、フィットネス目的の女性や運動が苦手な方でも、ゲーム感覚で始められるのも魅力のひとつです。

“豊かな自然” “IT”
そして、CloudCampにはスポーツがある。

ボルダリング&クライミングウォール