DWARF STORAGE

とてつもなくセキュアなクラウドストレージサービス 高度なセキュリティと耐障害性を備えた使いやすいストレージサービスを考えたことはありませんか?

お問い合わせはこちら

BCP効果バツグン! 世界最高レベル!徹底的にセキュアで持続可能なクラウドストレージ クラウド型サービスなのに非常に高いセキュリティを持ち、そして災害にも強い。 まさに便利さと安全・安心を兼ね備えたストレージサービスの登場です。

DWARF STORAGEはなぜ安心・安全なの?

非常に高いセキュリティー

ドワーフストレージはデータを符号化、断片化し、
その上全国7カ所に分散して保管します。
この「秘密分散保管技術」により、
驚異的に高いセキュリティを実現しました。

災害・障害が起きても止まらないサービス

ドワーフストレージは、衛星通信技術の応用により
消失データを瞬時に復元する技術と、
サーバを全国7カ所に分散保管する技術の組み合わせで、
高い可用性を実現。非常時にも平時と変りなく使用できます。

日本のサービス 国内のデータセンター 国内の法律

ドワーフストレージは日本国内のサービスで、
データも日本国内に保管されます。
もちろんサポートも日本のスタッフが行い、
日本の法律が適用されるので安心です。

※当サービスは、(株)インテックの「S*Plex3テクノロジー」をベースにしたクラウド・ストレージサービスです。

DWARF STORAGEはどんなケースに向いているの?

機密データの安全な保管
ISMS対策
無くなったり盗まれたら困る大事な個人情報、契約データや知財データ、
会計データなどを安全に保管したい。
ISMS対応ストレージサービスを探している。
大容量データ保管の効率化 大量の図面データの管理が大変。
外部のセキュアなストレージに管理を委託したい。
セキュアなデータ共有 取引先と安全にデータファイルのやり取りをしたい。
災害対策バックアップ 災害や障害によるデータ消失を防止するため
離れた場所にバックアップを取りたい。
安価でセキュリティが守れるサービスはないか?
モバイル環境のセキュリティ対策 モバイルPCからも、機密性の高いデータ
(顧客データなど)をセキュアに閲覧できるようにしたい。

DWARF STORAGEで問題解決を!

安全な共有フォルダとして活用

営業的な活用
データ漏洩・紛失のリスク軽減

  • 外出先でPCやタブレットを紛失
  • 外出や出張時はUSB等でデータを持ち出す
  • 外出先で重要な資料のプレゼンをする
  • 外出先や自宅で資料に目を通したい
  • 営業時によく個人情報を所持・使用する
  • 社外との情報のやり取りが多い
  • 各地の支社や営業所と情報共有したい
インターネットを利用して時間・場所を選ばず
必要なデータを利用できます。

大切なデータのバックアップとして活用

総務的な活用
データ管理の安全性向上

  • バックアップ用の社内サーバー、HDDに障害が発生するリスク
  • 災害に備えたい(災害時にも事業継続したい)
  • 顧客データ等の個人情報や重要資料の管理を
    厳重にしたい
アクセス権のある人しか利用できません。
国内7拠点に分散保管の為、災害時にも
データは安全

日本のサービス 国内のデータセンター 国内の法律

部署ごとのデータ容量振り分けの例

部署ごとにデータを整理することができます。
他の部署からのアクセスを制限することも可能です。
部署ごとに予算がある場合は、予算に応じて拡張可能。
総務費を圧迫しません。

企業の場合

総務部や営業部、または支社・営業所等の部署に必要な容量を振り分ける。

病院の場合

内科、外科、事務、会計等で振り分ける。

学校の場合

学部、学科、研究室や先生毎に振り分ける。

DWARF STORAGEへのよくあるご質問

分散することによる他のストレージサービスとの違いは?

この仕組みでは、ファイルのデータを暗号化した上で強化し、約126個の断片にした上で7拠点に分散確保します。
それぞれの拠点にはモザイクのかかった絵のパズルの18個の破片しか無いため非常にセキュリティ耐性が高くなります。つまり1拠点で確保するよりもセキュリティ耐性が高くなります。

他のバックアップソリューションとのセキュリティの違いは?

他のバックアップソリューションの多くはファイルのコピーを遠隔地に保管するタイプですが、暗号化されているとはいえ、バックアップ拠点が増えれば増えたぶんだけリスクや運用負荷が高まります。
それに対して、この仕組では拠点が増えれば増えただけセキュリティ性は高まり、運用負荷も変わりません。

他のバックアップソリューションとの障害対策の違いは?

この仕組では7拠点に分散確保することを想定しており、2拠点が災害により減失したりアクセス不能となってもファイルが復元できることを想定しています。
それは2拠点のバックアップサイトでコピーを保管するのと同様のように見えますが、7拠点の内”ランダムな”2拠点の災害に耐えられるという、高い耐災害・耐障害性能を実現することが出来ます。

データはどこに保存されますか?

この仕組みでは、海外にバックアップをせずとも十分な障害対策が実現できるため、例えば北海道から沖縄の複数拠点に断片を保管することで、高い障害対応性能を保ちつつ、日本の法規が適応可能となります。

ご利用料金

初期費用 30,000円+税  月額 30,000円+税 からご利用頂けます。容量100GB、ID10個が含まれます。

  • 追加ストレージ:100GB毎に月額 18,000 円+税
  • 500GB 以上はボリュームディスカウントあり
  • 追加ID:5個毎に月額 1,000 円+税
EWMジャパン
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3階 Global Business Hub Tokyo

03-4243-7309 http://www.ewmfactory.jp/

EWMファクトリー
〒840-0815 佐賀県佐賀市天神3-15-1 アイ・フォレストビル 2階

0952-41-2780 http://www.ewmfactory.jp/